Top > 失明の原因 > 網膜はく離(網膜剥離)

網膜から神経網膜がはがれ浮き上がる事により、視力・視野を失う病気です。
この病気はボクサーがよくかかることから、強度の圧力を目に受けると発症することがわかります。

また、通常は加齢により発症します。
目の内部を満たす硝子体は通常ゼリー状です、これが、加齢により一部が液状化し、 ゼリー状の硝子体が眼球の動きに連動して移動するようになります。

その際硝子体に網膜が引っ張られると、裂け目(裂孔)ができる事があります。 裂け目から水が入ると網膜がはがれ、網膜剥離となります。最悪の場合は失明します。