Top > 目の病気 > クラミジア結膜炎(封入体〈ふうにゅうたい〉性結膜炎)

クラミジア結膜炎は、クラジミア・トラコマティスを病原体としておこる結膜炎です。
結膜および角膜にも炎症が起き、進行が進むと失明の恐れがあります。

クラジミアは細菌の一種で、性交渉により感染します。また、母親からの感染で赤ん坊に発病することがあります。
抗生物質により治療できます。