Top > 目の疲れ > ディスプレイでの目の疲れの防止

  • ピント調節機能の疲労防止

  • ディスプレイを下方に置ければ正面が開くのでディスプレイより遠くが見やすくなります。
    ディスプレイを下に置けなくとも、なるべく遠くを見るようにして眼の筋肉を休ませてください。


  • 虹彩の疲労の防止

  • ディスプレイに蛍光灯が移りこまないように、フィルターを取り付けましょう。